So-net無料ブログ作成

今日庵 [茶席]

裏千家今日庵(うらせんけ こんにちあん)

1646年、千宗旦が不審菴を江岑宗左に譲り隠居所として建てた茶室。
席開きの当日、時刻に遅れた清巌和尚が、 茶室の腰張りに書きつけて帰った「懈怠比丘不期明日」(懈怠の比丘明日を期せず)の意に感じて、 宗旦が今日庵と命名したとい
う逸話で知られており、裏千家の象徴とされる名称。

天明の大火で焼失。
1807年に再興。
または、焼失を免れたとも言われる。

裏千家今日庵の兜門.jpg


外観
寒雲亭の東南に付随。
杮葺片流れ屋根。

内観
二畳の空間に天井は竹垂木竹木舞の化粧屋根裏。
一畳の丸畳と台目畳からなる。
台目の点前座に向板。
炉は向切り中柱を、こぶし丸太使用で立てている。(中柱上部に花入れ掛けの釘)
向板の三方以外は、反古紙が腰張りとして張られている。
しかし、台目構えではない。
茶道口と矩折に水屋洞庫。

今日庵平面.jpg


開口部は躙口、連地窓、下地窓。

狭小に凝縮された詫びの空間。

※向板:茶室にて、お手前のときに、
台子(臺子、だいす)と、屏風を置くための地板。
茶室の畳の台目畳の向こうに付き、奥行き1尺5寸程度 幅は、畳の巾の板
向こう板と台目畳をあわせると、ちょうど丸畳の大きさになる。

所在地:京都市上京区小川寺ノ内

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。