So-net無料ブログ作成
検索選択

弧蓬庵忘筌 [茶席]

弧蓬庵忘筌(こほうあんぼうせん)

孤篷庵は、大徳寺の塔頭(たっちゅう)である。
他の塔頭群とは離れた、大徳寺境域の西端に位置する。
庵号の「孤篷」は孤舟(こしゅう)のことで、小堀政一(遠州)が師事した春屋宗園(しゅんおくそうえん)から授かった号である。

最初は慶長17 年(1612 年)に、小堀遠州が大徳寺塔頭の龍光院内に江月宗玩(こうげつそうがん)を開祖として自身の菩提寺として小庵・孤篷庵を建立。
当初の規模は不明だが、龍光院内に建てられていたことから、小規模なものであったと思われる。
寛永20 年(1643 年)に現在地に移され建物や庭を築造。

その後、寛政5 年(1793 年)の火災により焼失するが、遠州を崇敬した大名茶人で松
江藩主の松平治郷(不昧公)が古図に基づき忠実に再建した。

忘筌 は本堂の西北部に継がれている。

九畳(手前座一畳を含む)と三畳の相伴席(しょうばんせき)からなる十二畳の広間の茶席で、一間幅の床(とこ)を配置。
床柱は室内面取り角柱、長押と内法高が一線になっている。床脇の手前座の壁は腰に明かり障子を嵌め込み、草庵風の意匠も取り入れている。
天井は板の木目が浮き出た「砂摺り天井」と称するものである。


忘筌(ぼうせん)とは荘子(そうじ)の「魚ヲ得テ筌ヲ忘レ」という句からとったものといわれる。「筌」とは魚をとるための道具で、前述の句は「目的を達すれば道具の存在を忘れる」という意味であり、禅の悟りの境地と結び付けられている。

庭園に面した西側には広縁を設け、広縁と庭の境には明かり障子を嵌め込む。

弧蓬庵忘筌1.jpg


この明かり障子は下半分のみが吹き放しになっており、この吹き放し部分が庭園を眺める際の額縁のような役割を果たしている。
ここから見える「露結(ろけつ)」と称する蹲(つくばい)と、各地の名石を集めて作ったという「寄せ燈篭」は著名である。

遠州の晩年作品とされ、書院茶室の完成を意味するとされる。

所在地 :京都府京都市北区紫野大徳寺町
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。