So-net無料ブログ作成
検索選択

菅田庵 [茶席]

菅田庵(かんでんあん)

旧松江藩家老有沢家の山荘(菅田山荘)にある松平不昧治郷が狩などする際立ち寄った場所とされゆかりの地。

江戸時代中期の1792年(寛政4年)頃に松平治郷(不昧)自ら総合的に設計を行い造ったといわれる茶室。

外観
どっしりとした入母屋茅葺屋根に杮葺の庇をつけた田舎風の建物。

菅田庵1.jpg


内部構成は、一畳台目の茶室で、手前座と客座の間に幅1尺4寸(約42cm)の中板を入れ、中柱(この近辺に一重棚が吊られている)、袖壁をつけている。

床の形式は、洞床(左袖壁)塗り回し。
※踏み込み床では無く框付き板床。
客座側天井は、竿縁。
点前側は、網代の落ち天井。

向かい合った勝手口と躙口。
炉は隅切。

躙口の上に連子窓。
床の向こう側に円形窓。
西側の奥に墨蹟窓。

極小スペースの茶室で草庵茶室を基本としている。
しかし、窓の配置、大きさなど創意工夫をこらし、おおらかさを表現、茶人の個性が溢れている。

※松平 治郷(まつだいら はるさと)は、出雲松江藩の第7代藩主。
直政系越前松平家宗家7代。
また、江戸時代の代表的茶人の一人で、号は不昧(ふまい)。

所在地:島根県松江市菅田町

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。