So-net無料ブログ作成
検索選択

2010-06-16 [茶席]

仁和寺 遼廓亭(にんなじ りょうかくてい)

仁和寺は光孝天皇の命令で仁和2 年(886年)に建て始められたが、同天皇は寺の完成を見ずに翌年崩御した。
遺志を引き継いだ宇多天皇によって、仁和4年(888年)に落成し、「西山御願寺」と称されたが、やがて年号をとって仁和寺と号した。
宇多天皇は出家後、仁和寺伽藍の西南に「御室」(おむろ)と呼ばれる僧坊を建てて住んだため、当寺には「御室(仁和寺)御所」の別称がある。

この庭に二つの茶室がある。

その一つ、西に遼廓亭(移築された茶室)。
これは、江戸末期に、仁和寺門前の尾形光琳邸から移したと言われている。
光琳が造った茶室である。

如庵のコピーとまで言われるが、茶室の勝手口が塗回しの火灯口。

如庵間取りお借りして.jpg


全体的に貧弱な点では、作者の好みが反映されている。

外観
杮葺屋根。

仁和寺 遼廓亭1.jpg


内部は、二畳半台目。
躙口を左見ると床。
その脇に地板を三角に切り点前を広くしている。
【有楽囲い】と言われる。
他にも風炉先の火灯口を開けた板壁も特徴的である。

仁和寺遼廓邸2.jpg


所在地:京都府京都市右京区御室大内
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。