So-net無料ブログ作成
検索選択

西翁院 澱看席 [茶席]

西翁院 澱看席(さいおういん よどみのせき)

西翁院は大本山金戒光明寺の塔頭寺院である。
天正12年(1584)藤村庸軒の養祖父、藤村源兵衛西翁院宗徳居士によって、明蓮社光誉清玄上人を開祖として創立。

茶室は藤村庸軒によって貞享二、三年(1685~6)の頃に建てられたとされる。
澱看とは南面の窓から淀川を眺める意で名づけられた。
しかし、この名は古書には記されていない。
反古庵(ほうぐあん)、紫雲庵などといわれる。
侘びを主とした藤村庸軒が眺めを意識して造ったとも考えられず、後の名称と推測される。

外観
本堂北面に付随する杮葺片流れ屋根の軒の出を浅くして、西面に切妻スギ皮で葺いた

差し掛け屋根。

西翁院 澱看席 反古庵1.gif


内部構成は、客座二畳、点前座、室床。
客座と点前座に中柱と仕切りを入れ炉は向切(道安囲い)。

西の窓は、風炉先。
南が、先に記述した澱看窓(下地窓)を配置、更に一重棚が吊られている。

室床は墨蹟窓の障子が西側に掛けられている。
全て屋根裏天井となっている。

その影響からか、落とし掛けの上の壁面が当然高くなっている。
高さのバランスからか、華鬘(けまん)の形の額を付けている。

※華鬘(けまん)
仏前を荘厳(しょうごん)するために仏殿の内陣や欄間などにかける仏具。
金銅・牛革製の円形または楕円形のものに、唐草や蓮華(れんげ)を透かし彫りにして、下縁に総状の金物や鈴を垂らすもの。

家系的に、利休、宗旦、遠州など茶人が関っている為、各部の意が随所に見られる。

所在地:京都市左京区黒谷
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。